こだわり農家の新鮮野菜や、伝統技術を斬新なスタイルで表現した工芸品などをご紹介。

阿部さんの幻のこしひかり

元来のコシヒカリはほとんど市場に流通していない

阿部貞雄さん
吹き出し

流通している95%以上が純粋な魚沼産のコシヒカリではない

世の中に出回っている魚沼産のコシヒカリが本物のコシヒカリとは言えないのは、流通している95%以上が「コシヒカリBL」というお米の種を作って栽培されているから。昔ながらの魚沼産のコシヒカリの種を取り扱っている自分のところでは、大事に使用して苗を作り稲にまで育て上げてています。たっぷり愛情を込めて育てているので、味には絶対の自信がありますよ!

「非BL」って何?

従来の「コシヒカリ」を病気に強くなるように改良したものが「コシヒカリBL」という品種です。
新潟県では2005年からこの「コシヒカリBL」を「コシヒカリ」という呼称で販売する事を推進しています。一般消費者が「コシヒカリ」と「コシヒカリBL」を見極める事は出来ません。
この「コシヒカリBL」は、病気に強くなった代わりに味が落ちている言われています。新潟県全体として強く推奨しているので、従来の「コシヒカリ」は種も購入出来ませんし、仮に作れても市場で買取しない決まりになっています。つまり、市場を通して流通している新潟のコシヒカリ(魚沼産コシヒカリも含め)は99%「コシヒカリBL」のはずです。
そんな中、阿部さんは従来の「非BLのコシヒカリ」を手間暇掛けて育てる事にこだわっています。

魚沼エリア
阿部さん

玄米でお届けします

玄米

精米へのこだわり

ご面倒を承知で玄米にて販売することになりました。 通常ですと、精米してお届けしたいところなのですが、お米は精米したてを正しく炊き上げて、初めて極上のお米が出来上がります。
その為、玄米のままお届けすることになりました。
こだわって作られたお米だからこそ、141selectでは玄米で販売することにもこだわりました。
玄米のまま保存することにより、いつでも新米のような風味豊かなご飯を召し上げることが可能になります。

精米したてのお米の味をお召し上がりください

お米の研ぎ方講座

  • 魚沼の水を適量入れる

    ざるとボールをセットし、お米を入れて最初の1回目のみ「魚沼の水」を適量入れる

  • 同じことをもう一繰り返す

    (1)の中に手を入れて軽く2回転くらいかき混ぜ水道水で同じことをもう一繰り返す

  • 手早くかき混ぜる

    20回、卵を持っているような手つきで手早くかき混ぜる

  • 同じことをもう一度繰り返す

    水道水で(3)に水を入れ、軽く2回転させ水を捨て、同じことをもう一度繰り返す

  • 魚沼の水を入れる

    炊飯器にお米を入れて「魚沼の水」を入れる

  • 炊飯器で炊き上げる

    炊飯器で炊き上げる

日本一おいしい魚沼の水

日本一おいしい魚沼の水

「魚沼産の水」は、日本百名山に選ばれた新潟県の代表的な山、苗場山から自然ろ過されたミネラルウォーターです。
意外と知られていませんが、お米には「ぬか油」が付着しています。この「ぬか油」がお米を黄ばただせたり、臭いを発生させます。魚沼産のお水は「硬度16」の超軟水のため、界面活性力が多く含まれていて、この「ぬか油」を素早く取り除いてくれます。
お米についてる「ぬか油」をまずは最初のお水でさっと取り除くこと、そしてこの超軟水のお水でご飯を炊くとふっくらと美味しく炊き上げます。

試食レポート

禁断の味を知ってしまった…

数ある名品と言われるブランド米を食べてきましたが、「幻のコシヒカリ」を食べてまさに極上のご飯でした。
家族にも好評で、少しお高めですが出逢ってしまったお米なのでこれからもずっと食べ続けたく思ってます。
もう、前のお米には戻れません。禁断の味を知ってしまった、ある意味罪深いお米なのかもしれません。笑

編集担当 吉岡
おかず無しでも食べられます

最後の晩餐に食べたいもの、それはお米(ご飯)と決めています。
今回、試食して驚きました。これぞ最期にふさわしいご飯との出会い〜!このご飯なら、おかず無しで何杯でも食べれてしまいます。
サイトでも販売中の能登のお塩をふって何杯も試食してしまいました。
食べ過ぎて怒られてしまうくらい病みつきになってしまいました。

仕入れ担当 古市
これぞ正に「最高のお米」です!

実は我が家では10年以上前から阿部さんのコシヒカリを食べています。

141selectをスタートするにあたり「最高のお米を探したい」と考えて魚沼産コシヒカリはもちろん、近年話題の銘柄など、ほぼ全て試食してみましたが、結局普段食べている阿部さんのお米が一番美味しいという事に気付きました。

一口に魚沼産コシヒカリと言っても、その中には様々な農家さんが居ます。同じ気候条件・似たような土壌であっても、手の掛け方が違うと味が驚くほど変わります。
複数の農家さんのお米を上手く混ぜて均一な味を提供するのが一般的なのですが、 折角であれば腕の良い農家さんのお米だけを召し上がってみませんか?
もちろん年によって出来不出来の差は有りますが、阿部さん曰く、今年は近年稀に見る良い出来だそうですよ。

社長 石井

ご購入はこちらから

幻のこしひかり

幻のコシヒカリ

内容量 2kg/5kg
価格 2kg 2,600円
5kg 6,500円
購入する
魚沼の水

魚沼の水

内容量 2L×6本
価格 2,600円
購入する
幻のコシヒカリ魚沼の水

幻のコシヒカリ&魚沼の水

内容量 お米 1.5kg
お水 2L
価格 2,600円
購入する

ページトップに戻る