露地栽培・無農薬農家の新鮮野菜や料理男子、フードコーディネーターさんによる美味しいレシピなどをご紹介。

寒い季節の食卓にプラスしたい「ふわふわ卵となめこの生姜スープ」 料理レシピ

2016.10.20

寒くなったら、食べたくなる温活スープ

寒くなったら、食べたくなる温活スープのレシピをご紹介します!
なめことふわふわの卵に、生姜の効いたスープが抜群に合う一品です。

<材料>(2人分)

・卵…1個
・なめこ…1/2パック
・生姜…1/2
・中華だしの素…大さじ1
・塩胡椒…少々
・水…200cc

 

⑴なめこをさっと水洗いし、鍋に水を入れて沸騰させます。その間に生姜をすりおろしておきましょう。沸騰したら中華だしの素となめこ、すりおろした生姜をを入れて煮立たせます。

⑵卵をボウルなどに溶いておきます。煮立っている鍋の外側から、溶き卵をそっと回し入れます。

火を止めてからではなく、沸騰させているところに細〜く回し入れるのが、ふわふわの卵を作るコツです。菜箸を伝せると細く落としやすいです。

火を止めてからではなく、沸騰させているところに細〜く回し入れるのが、ふわふわの卵を作るコツです。菜箸を伝せると細く落としやすいです。

⑶溶き卵を入れたら火を止めて、塩胡椒で味を整えて出来上がりです!

塩胡椒を入れたら、ぐるっと一周菜箸で混ぜましょう。混ぜすぎるとふわふわの卵が崩れてしまうので注意してください。

塩胡椒を入れたら、ぐるっと一周菜箸で混ぜましょう。混ぜすぎるとふわふわの卵が崩れてしまうので注意してください。

塩胡椒を入れたら、ぐるっと一周菜箸で混ぜましょう。混ぜすぎるとふわふわの卵が崩れてしまうので注意してください。

塩胡椒を入れたら、ぐるっと一周菜箸で混ぜましょう。混ぜすぎるとふわふわの卵が崩れてしまうので注意してください。

昔給食で食べた卵のスープがふわふわで大好きだったので、再現したくて卵を入れるタイミングを試行錯誤し、この作り方にたどり着きました。なめことふわふわの卵に、生姜の効いたスープが抜群に合う一品です。今晩のおかずにいかがでしょうか?

なめこの豊富な栄養素を逃さず美味しくいただけるレシピなので、ぜひ作ってみてください。

 

まとめ

奈良県十津川産の生なめこが届きました。

奈良県十津川産の生なめこが届きました。

ぬめりが特徴のなめこ。ぬめり成分の正体であるムチンは、粘膜を保護する役割があるので風邪や感染症の予防に役立ちます。これから乾燥の季節になるので、ぜひ献立に取り入れたい食材です。

今回使う奈良県産十津川の「生なめこ」は、スーパーなどでよく販売されているパックのものと違い、かさの部分が大きく肉厚で、食べ応えのあるなめこでした。このなめこではしっかりとした食感があるので、なめこを使った料理では定番の汁物以外のメインのおかずにもぴったりです。

なめこの豊富な栄養素を逃さず美味しくいただけるレシピ、ぜひ作ってみてください。

  • 書いた人:tomo

    大阪府在住の主婦。娘の子育てに奮闘中の新米ママです。美味しいごはんを食べること、作ることが大好き。
    「元気が出るおいしい食卓」をモットーに、毎日キッチンに立っています!
    献立やお弁当をInstagram(@mochico_kitchen)にて記録しています。

こんな記事もおすすめ