露地栽培・無農薬農家の新鮮野菜や料理男子、フードコーディネーターさんによる美味しいレシピなどをご紹介。

春を味わう!「菜の花とたけのこの和風ペペロンチーノ」

2017.04.21

blog_saeco20_00

旬の菜の花とたけのこを使った和風のパスタです。
パスタは加熱時間が重要なので手早く調理してください。

◆材料 ≪2人分≫
・菜の花…1/2束
・茹でたけのこ(水煮かアク抜きしたもの)…80g
・豚バラ薄切り肉…100g
・パスタ…160g
・にんにく…一片
・鷹の爪…1本
・オリーブオイル…大さじ1
・醤油…大さじ1/2
・酒…大さじ1/2

・水…1.5リットル
・塩…15g

◆料理レシピ

1)菜の花は4等分に、茹でたけのこは繊維に逆らって3~4㎜幅のくし型切りにします。
豚バラ薄切り肉は3~4㎝幅に切り、醤油と酒に5分ほど漬けておきます。にんにくは薄切りに、鷹の爪はタネを取ります。

※たけのこはなるべく旨味が強い穂先の部分を使うと美味しく出来上がります。

※たけのこはなるべく旨味が強い穂先の部分を使うと美味しく出来上がります。

2)鍋に水と塩を入れ火にかけて沸かします。パスタを入れて表示時間より3分少ない時間茹でます。

3)フライパンにオリーブオイルとにんにく、鷹の爪を入れて弱めの中火で熱し、香りが立ったら取り出します。
フライパンを中火にし、豚バラ薄切り肉とたけのこを入れて、フライパンの表面に焼き付けるようにして両面を焼きます。
にんにくと鷹の爪をフライパンに戻します。

blog_saeco20_02

4)2)の鍋に菜の花を入れ、パスタと一緒に2分程度茹でます。

blog_saeco20_03

5)茹で上がったら、パスタと菜の花、ゆで汁おたま1杯分、豚バラ肉を漬けていた醤油・酒の残りをフライパンに入れて全体を手早く混ぜ合わせます。

※パスタは最後に全体を混ぜ合わせるときに再度加熱するため、表示時間より1分程短めの茹で時間で、仕上がりがちょうど良い固さになります。

※パスタは最後に全体を混ぜ合わせるときに再度加熱するため、表示時間より1分程短めの茹で時間で、仕上がりがちょうど良い固さになります。

5)器に盛って完成です。

まとめ

※深い緑は、栄養が豊富な証拠です

※深い緑は、栄養が豊富な証拠です

奈良県天理市の西前さんから旬のかき菜が届きました!

かき菜は北関東の伝統野菜で菜の花の一種ですが、普段見かける菜の花と比べると、茎が太くとても大きいです。
茎は少し固めですが、くせが少なく甘みがありいろいろな食べ方を楽しめます。

菜の花のお料理が並ぶと食卓が一気に春らしくなりますね。今しか味わえない菜の花をぜひ楽しんでください!

  • 書いた人:saeco

    フードコーディネーター/フードスタイリスト
    料理撮影のスタイリングをはじめ、レシピ開発、ケータリング、料理教室、テーブルコーディネートなど、料理と食空間に関わる分野で幅広く活動中。
    素材の味を活かした簡単で美味しいレシピをご紹介していきます。 http://www.studio-3s.com/

こんな記事もおすすめ