露地栽培・無農薬農家の新鮮野菜や料理男子、フードコーディネーターさんによる美味しいレシピなどをご紹介。

ちょっと大人なデザートに。金柑とミニトマトのコンポート 料理レシピ

2017.03.23

blog_danshi42_00

※甘露煮とはまた違った優しい美味しさです

コンポートとは、糖度の低い水分につけ込む調理法です。

金柑に合わせたのは、ミニトマト。

甘さの質が違うので飽きがこず、最後まで美味しく召し上がれます。

食材の色味を活かしたい場合には上白糖を使いますが、今回は優しい甘さにするため、きび糖を使いました。

シロップは白ワインをメインにすることで風味が追加され、ちょっと大人の味わいになっています。

材料(作りやすい分量)

・金柑       20個
・ミニトマト    10個
・白ワイン     300cc
・水        150cc
・きび糖      大さじ4
・塩        小さじ1/2

①金柑のヘタをとり、縦に4〜6本の切り目を入れます。
blog_danshi42_01

※切り込みを入れる事で、中まで甘みが染み込みやすくなります

②鍋に水を張り、金柑を茹でていきます。
水の量は金柑が浸るより少し多めに入れておきましょう。
沸騰したら弱火にして20分ほど茹でます。

③ミニトマトのヘタを取り、爪楊枝で2、3ヶ所穴をあけます。
湯剥きするため、金柑を茹でている鍋にいれて20秒ほどであげましょう。
水にとって、ミニトマトの皮を剥きます。

blog_danshi42_02

※同じ鍋を使う事で、洗い物を減らすことができます

④別の鍋に白ワインと水、きび糖、塩を入れ、沸騰させてアルコールを飛ばします。
あら熱が取れたら耐熱の容器にいれ、皮を剥いたミニトマト、茹であがった金柑をつけて冷蔵庫で冷やします。

冷やす時間は一晩程度が目安です。

⑤冷えた金柑とミニトマトを、シロップと一緒に器に盛れば完成です!

まとめ

kinkanshashin

※ほろ苦さと甘さのバランスがとてもよい、柔らかな皮の金柑です

2月から3月にかけて収穫時期が最盛期をむかえる金柑ですが、この時期に取りたい栄養成分が詰まっているんです。

ビタミンCがたっぷりなので風邪の予防にも最適で、古くから咳止めにも使われています。

さらには皮の部分に抗アレルギー作用のあるヘスペリジンが含まれているので、花粉症の軽減にも効果があると言われています。

徳島県美馬市の竹中さんから届いたつやつやの金柑。

そのまま食べてももちろん美味しいのですが、デザートはもちろんサラダやソース等

色々な食べ方が楽しめるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ