露地栽培・無農薬農家の新鮮野菜や料理男子、フードコーディネーターさんによる美味しいレシピなどをご紹介。

とろっと甘い、豆乳を使った里芋とバナナのホットスムージー 料理レシピ

※里芋のまったりさとバナナの甘さを、豆乳がうまくまとめてくれます

2017.03.02

※里芋のまったりさとバナナの甘さを、豆乳がうまくまとめてくれます

※里芋のまったりさとバナナの甘さを、豆乳がうまくまとめてくれます

今回は根菜のなかでもクリーミーな味わいをもつ里芋とバナナを合わせた、まったりとした甘みが特徴的なホットスムージーのレシピです。
豆乳を使う事であまり重たくならず、朝ご飯代わりにもおやつ代わりにもなるのでぜひ試してみてください。

材料(2〜3杯分)
・里芋       小3〜4個
・バナナ      2本
・豆乳       300cc
・はちみつ     大さじ1(お好みで増減してください)
・ココアパウダー  適量

①里芋を皮のままよく洗い、水から茹でていきます。
煮物などに使うときより、少し長めに茹でましょう。
沸騰してから15分くらいが目安です。

②茹で上がった里芋を水に取り、皮を剥きます。
ミキサーに、里芋と豆乳の半分量を入れて撹拌します。

blog_danshi32_01

※里芋の茹で時間が短いと、うまく混ざらなくなるので要注意です

③適当な大きさにバナナを切り、残りの豆乳と一緒に②と混ぜ合わせます。

※バナナを入れてから味見をしましょう。甘さが足りなければはちみつを追加します

※バナナを入れてから味見をしましょう。甘さが足りなければはちみつを追加します

④滑らかになったスムージーを温めていきますが、電子レンジを使うと食感が変わってしまうので、小鍋で混ぜながら温めるようにしましょう。
ホットスムージーを器に入れ、ココアパウダーをかければ完成です!

まとめ

※大きさにばらつきはありますが、味は本物。柔らかくほのかに甘い、格別な里芋です

※大きさにばらつきはありますが、味は本物。柔らかくほのかに甘い、格別な里芋です

奈良県天理市の西前さんから、土の香りが豊かな里芋が届きました。
芋類の中でも水分の含有量が多くカロリーが低いため、ダイエットにもってこいの里芋。
カリウムも多く含まれているので、むくみの対策にも効果的です。

里芋は海老芋や八つ頭に大和と様々な種類があり、おめでたい席にも使われることが多い野菜です。
そのもっちりとした柔らかさと優しい甘さは、スイーツにも使えるんですよ。
粘り気が強いのでつなぎの代わりにもなり、小麦粉の量を少なくできるのでカロリーを抑えたい人の強い味方になってくれます。

西前さんの無農薬里芋で、美味しく健康的な食生活を目指してみませんか。

こんな記事もおすすめ