露地栽培・無農薬農家の新鮮野菜や料理男子、フードコーディネーターさんによる美味しいレシピなどをご紹介。

和洋折衷!ちょっと豪華なクレソンサラダ 料理レシピ

2017.02.07

blog_danshi19_01

最初に紹介するレシピは、牛肉をトッピングした贅沢サラダです。
クレソンはステーキ等のあしらいに使われることが多いのですが、オーガニック・ファームGTOさんのクレソンは主役になれるほどのポテンシャルがあるので、メインとあしらいを逆転させました。
シンプルにオリーブオイルと塩でも美味しく食べられますし、市販のドレッシングでもパクパクいけます。
ですが、折角の良いクレソンなので自家製ドレッシングはいかがでしょうか。
わさびが効いた和風ドレッシングがクレソンと牛肉の橋渡しになり、ワンランク上のサラダに大変身です。

材料(2人前)

・クレソン       1束
・牛肉(常温に戻す)  200g

ドレッシング
・醤油         大さじ1
・酒          大さじ1
・みりん        大さじ1
・わさび        大さじ1
・水          100cc

 

①小鍋にわさび以外のドレッシング材料をいれます。
沸騰させて酒のアルコールを飛ばしたら、少し冷ましてからわさびを入れます。

blog_danshi19_02

②牛肉に塩こしょうを振り、15分程置いておきます。
その間によく洗って4㎝程に切ったクレソンを皿に盛っておきましょう。

blog_danshi19_03

③②で用意した肉を焼きます。
焼き方は肉の厚さにもよりますが、写真のような厚みならば強めの中火でまず2分焼き、
裏を返して追加で30秒。
バットの上に移してアルミホイルで蓋をし、余熱で仕上げます。
火が通ったらカットしてクレソンの上に並べ、①のドレッシングを掛けて出来上がりです。

 

まとめ

blog_danshi19_00

農薬や化学肥料を使わず精魂込めて野菜を作っているオーガニック・ファームGTOさんから採れたてのクレソンが届きました。

クレソンと聞いて思い出すのは「マルサの女」の監督として有名な伊丹十三。
彼はエッセイの中で「サラダというものは、第一に野趣のあるものでなければならない」と言い、クレソンサラダの作り方を挙げています。

今回届いたクレソン、ほんのりとした苦みとピリッとした辛味が、まさに野趣そのものの素敵な出来映え。
その良さを活かすため、いつも紹介する料理よりも一手間加えたレシピが多いですが、ぜひ試してみてくださいね。

 

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ